輝きだけを胸に残し終わりを告げた

6人を拗らせた人が曖昧な記憶で綴るひとりごと